マイクロスコープ

2020年07月16日

こんにちはデンタルケア平尾です🍉雨の日が続いていましたが、今日は久しぶりに夏らしい太陽が出てくれましたね🌞このまま早く梅雨が終わってくれるといいなぁと思っています。

さて今日は、当院にもあるマイクロスコープについてのお話です。

皆さんは、歯科での『マイクロスコープ』を聞いたことや見たことがありますか?マイクロスコープとは、肉眼では見えないものを、3~30倍に拡大して見ることができる機器です。大きな顕微鏡というとイメージしやすいのではないでしょうか✨

暗く狭い根管部分(歯の根の部分、神経が入っている管)も、マイクロスコープを使った治療では明るく拡大して見ることができますので、細部にまで治療ができるようになります🦷歯を削る量も最小限にとどめられます。また、「よく見える」ことで、これまで不明だった原因が明らかになることもあります。マイクロを使用することで、治療にグッと精度が高まることが期待できるのですが、日本の歯科医院の導入率はまだまだ少ないと言われています。

当院では、このマイクロスコープを主に根管治療を行う際に活用しています。根管治療とは、虫歯が進んで細菌感染が歯の中の神経に達している場合に行う治療です。神経を取り除き、神経が入っている管(根管)の中を清掃して消毒します。根管は非常に細く複雑な形をしていますから、肉眼での治療では、どうしても知識と経験を頼りにしなくてはなりません。その一方で、マイクロスコープを使えば、根管をしっかり見ながらの治療が行えるため、より精度の高い治療につながると考えられます。

治療期間や費用は、患者さんの病状によって異なりますので、お気軽にお尋ねください✨

マイクロ治療は、動画保存もできますので、治療後に見ていただくことができます。どんな状態でどんな治療をしたのか、目で見るのが一番わかりやすいですよね👀✨

このようなマイクロスコープを用いた、より精密な治療も行っていますので、虫歯や歯の根っこの治療で悩まれている方、気になる方はぜひデンタルケア平尾にご相談ください。