お口のケアで感染予防!

2020年11月20日

だんだん寒くなって心配されるインフルエンザ。

今年はコロナも重なり、より感染予防を意識されている方が多いと思います。

「手洗い」「うがい」「マスクの着用」はみなさん当たり前のように行っているとは思いますが、「お口のケア」も効果的なことをご存じですか?

お口には常に細菌が存在していますが、お口のケアを怠っていると、その数はあっという間に増加します。この細菌がインフルエンザやコロナウイルスに大きく関係しているのです💁‍♀️

 

①感染しやすくなる

コロナやインフルエンザはウイルス感染です。お口の中にいる細菌が吐き出す酵素の中には、こうしたウイルスを粘膜のなかに侵入しやすくするものがあります。

お口のケアが不十分で細菌が増えた状態では、感染のリスクがより高まってしまいます。

 

②ウイルスが増殖

お口の中の細菌が作り出す酵素の中には、ウイルスそのものを増殖させる酵素もあります😱

これは症状の悪化につながるだけでなく、薬の効き目までも悪くしてしまいます。

 

③インフルエンザ発症率が10分の1に!

在宅療養中の高齢者を対象に「自宅での歯磨きのみのグループ」と、「歯科衛生士による口腔ケアを受けるグループ」に分け行った調査では、

「歯科衛生士による口腔ケアを受けるグループ」は「自宅での歯磨きのみのグループ」に比べ、インフルエンザ発症者が10分の1であることがわかりました✨

 

このように、お口のケアはとても重要なんです🥰

毎日の歯磨きでは、歯ブラシ+フロスや歯間ブラシがとても大切です!

どんなに丁寧に歯磨きをしても歯ブラシだけでは汚れは6割程度、フロスや歯間ブラシを使用することで、やっと8割程度の汚れがおちるとされています。

それでも残った汚れは、歯科医院でのクリーニングでしっかり落としてあげることで、いい状態が保たれます🦷✨

この機会に、お口のクリーニングを受けてみてはいかがでしょうか?

これからの季節も、きれいなお口で健康に過ごしましょう🥰