新型コロナウィルス感染対策について💨

2020年08月07日

こんにちはデンタルケア平尾です🦷夏らしいムッとした暑さになりましたね🌤

歯医者に行きたいけど、新型コロナウィルスのリスクが心配・・・💦という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今日はコロナと歯科についてお話していきたいと思います!!

まず、通常から感染対策をきちんと行っている歯科医院であれば、歯科治療が原因でコロナに感染してしまうということはありません。私たち歯科医師、歯科衛生士など患者さんに直接触れるスタッフは、常日頃から唾液や血液の飛沫から起こりうる肝炎やエイズなどの感染のリスクにさらされており、そのような感染症から身を守るためにマスク、グローブ、ゴーグルの着用といった対策を行っています。そのため、しっかり対策をとっているスタッフであれば、患者さんからコロナ感染を受けるという可能性はあまり考えられないと言われています。ですから、もし仮にコロナに感染していて症状の出ていないスタッフや患者さんがいたとしても、歯科医院内での感染が起こるリスクは少ないと言えます。

歯科医院では、常にウィルスが映らない、移さない対策を徹底して行っていますし、他の患者さんで仮にウィルスを持っている方を治療したとしても、患者さんごとに診療台の徹底した清掃・殺菌、器具類の徹底滅菌、ディスポーザブル(使い捨て)の使用、空気清浄・換気を行っていますので、ウィルスが他の患者さんへ移ることはありません。ですので、治療を介してのスタッフと患者さん間、患者さん同士の感染が起こるということは考えにくいので、安心して歯科の受診をされてください✨(感染対策をしっかりしている医院に限ります!!)

近年の研究によると、お口のケアをしっかりと行っている人はウィルス感染を起こしにくくなるということが分かってきています👄✨これはインフルエンザに関する研究によって明らかにされたもので、口腔ケアでお口の細菌をコントロールすることにより、ウィルスが体内の細胞に侵入しにくくなると言うものです。特に歯周病菌は、体内に侵入させやすくする酵素を出すと言われています。こんな時こそしっかりとお口のケアをしておくことが大切です!また、当院では予約制となっておりますので待合室に人が集まりすぎるという状況はなく、治療も個室でとなりますので、ぜひ安心して来院されてください😊