歯科衛生士さんって???

2020年08月11日

こんにちは。  

先日、福岡医療短期大学の歯科衛生士学科にて講義をする機会をいただきました。

みなさんは、歯科衛生士さんってどのようなイメージをお持ちですか?

歯科医院では、一般的に歯科医師、歯科衛生士歯科助手、受付が勤務しています。

(最近は保育士さんや栄養士さん、歯科コーディネーターさんなども働いているところもありますね)

実は

歯科衛生士さんと歯科助手さんって同じように見えて全く違うのですよ。

一見してみると同じに見えますが、歯科助手さんは国家試験がありません。

なので、あくまで歯科医師の指示に従って治療をサポートする業務となります。

具体的には、

歯科医師に治療器具を受け渡しする、患者さんの口の中を照らすライトの調整する、バキュームで患者さんの唾などを吸い込むなどの業務と、受付や会計、掃除などの雑務がおもな仕事です。

一方、歯科衛生士は、歯科予防処置保健指導診療補助などの「医療業務」をおこなう専門職です。

国に指定された歯科衛生士学校などで、歯科・口腔、人体の仕組み、病気、薬などに関する知識を学び、医療業務の実習をおこないます。

指定の学校で3年以上のカリキュラムを修了することが国家試験の受験資格となるので、就職の時点ですでに専門知識とスキルを持っている点が、歯科助手とは大きく異なります。

わかりやすく

歯科助手さん・・受付や歯科医師の診療補助

歯科衛生士さん・・・上記の仕事と歯周病や虫歯のチェック、歯石とり、フッ素など予防処置保健指導

 

 

今回の講義では、歯科衛生士の学生に、実際に患者さんの健康をお口から変えていく話や、マイクロスコープを用いて患者の歯ブラシの意識が変わった話(これは一緒に講演した東区のあおき歯科医院の青木先生)などを講義してきました。

今は予防ということがいろんな分野で言われていますが、歯科には衛生士さんが欠かせません。

学生さんにはやりがいがある素晴らしい仕事だよって伝えたつもりでしたが伝わったかな?

当院では現在、歯科医師2名と歯科衛生士3名の体制です。

もうそろそろ当院でも専門の受付さんを募集しようと思っています

これからも一人一人に合った予防プログラムを提案していきます!

デンタルケア平尾